FC2ブログ

好きな食べ物

入院2ヶ月と1日
緩和ケア病棟1ヶ月と3日

なんとか体力のあるうちに
少しの時間でいいから家に帰らせてあげたい
そう思ってきたけど
結局タイミングと母の気持ちが合わず
時間だけが過ぎてってます

最近の母の様子を見てると
やはり日々力が無くなってきていて
あたし一人で連れて帰るのはもう難しいなーって感じています

母はほとんどベッドに横になってるのですが
ご飯を食べる時はベッドを起こすのではなく
起き上がって食べます
短い時間ならベッドの上に座れてますが
だんだんその時間も短くなってる感じ

なんとかご飯を少し食べて倒れこむように横になっちゃうんだ
トイレはオムツは一応してるけど
看護師さんがサポートしてくれて部屋のトイレまで数歩は歩けます
ちゃんと自分で処理をして
またサポートしてもらってベットに戻れます
ちゃんと手も洗ってます

3度の食事は少しずつ
ご飯は二口くらいかなー
何も食べれない時もあるようです
何でもいいから食べてほしくて
色々試したり食べたいもの聞きだしたりしてる
三陸産の塩辛と、キムチがお気に入り

なんせ一緒にご飯を食べるという生活をしたことが無くて
好きなモノとかあんまりわからなくてね(;^ω^)
好みのものは何となくわかっても
今食べたい物が全然想像つかなくてね

”へー!マヨラーだったんだ!”とか
”あんこはつぶあん派!!一緒じゃ~ん!とか
”モナ王よりジャンボ!!これも一緒じゃ~ん!
なんて発見が楽しかったりしてるよ

トマトに砂糖をかけるとか今じゃ引くけど
そういえば昔そうやって食べてたなーとかね

ホッケが食べたいっていうから焼いて持ってったら
一口しか食べなくて・・
あれー・・ってなったのに
あたしが自分用に買ってったツナマヨ巻の方を食べたがって
おい、そっちかい!みたいな笑

あんまり果物食べない人なんだけど
病院食って必ず付くでしょ
でも残すからチビやあたしが食べたりしてね
だけどこの前娘たちがいちご狩りに行って
その帰りにいちご持って行ったのよ
「美味しかった~」
「嬉しかった~」
「楽しかった~」
って、何度も同じ話してたわ

父がお見舞いに行くと
何でもいいからとにかく食べれ
食べなかったら力無くなるからとにかく食べれ
って毎回言うんだって
だから頑張って食べるよって言ってた

初めの頃は
痛みや辛さに気持ちが負けてすごく沈んでて
自分を責めるような事ばっかり言ってて
それはそれで仕方ないし受け止めてあげてたけど
でもここ最近はとても穏やかで落ち着いてる感じがするし
顔も優しくなった気がする

週末も泊まって色々話したよ
すごく楽しかったって言ってくれたよ

人生で一番辛かったのいつ?って聞いたら
いつも辛かったけど大したことなかったって
あたしは子供達小さい頃の子育てが一番辛かったって言ったら
「あんたは何でも完璧主義だからね~」
「でもよく頑張ったね~、みんないい子に育ってる」って言われたよ

じゃぁ、いつが一番幸せだった?って聞いたら
少し考えて
「今」って言って笑ってたわ

やばいね

母さんの前では泣いてないよ。


今書きながら泣いてるけどww


昨日はまぐろとぶりのお刺身をペロっと食べたよ
今日は何しようかなー



たいやきでも買って行くかな

二人とも頭好きだから半分こも取り合いだなww



昨日は七夕だったね
皆は何かお願い事したかい?

あたしはやっぱり今は
1日でも母さんが長生きできますように。かなー


七夕と言えば七夕祭り@テゴマス思い出す
あの頃の祐也はほんとに可愛かったなー(遠い目)
NEWS 3人になっちゃったね
かわらずNEWSを応援する人
祐也もNEWSも応援する人
祐也だけを応援する人
どっちもリタイアしちゃう人
それぞれ、さまざまだと思うけど
ここで知り合った何かの縁
皆様今後とも仲良く、よろしく頼みますね



いつも読んでくれてありがとう

また書くねー

Comments (3) Trackbacks (-) | 未分類

お泊り

入院1ヶ月と22日目
緩和ケア病棟24日目

埼玉から来ていた兄
1週間の滞在を終えて帰っていきました
もちろん母のお見舞い目的だったので
他の予定は作らず、毎日実家と病院を行き来してくれました
とてもありがたかったです

あたしと違って真面目で無口
面白い話もなーーんもしない人(笑)
そのくせこだわりが強くて健康志向の面倒な男
なので帰省する度に大変がってたww

なんも用事ないし、来なくていいよと言っていた母も
やっぱり帰るときは涙涙でした
そりゃそうだ
50もとうに過ぎたおじさんだけど
母にとったら可愛い長男坊だもんなww


単身赴任のくせに普段はほぼ自炊しない兄も
なんだかんだ作って食べてました
父が食べたいと言ったカレイの煮付けも
スマホ片手に作ったりして
パスタも作ってあたしに画像まで送ってきた。女子か!笑

無口な男二人の生活を想像すると笑えますが・・
それでもきっと父にとっても良い1週間だったと思います


病棟はお泊り自由
部屋に泊まるにはソファー型のベットがあって
無料で寝具も貸してくれます
有料ならば部屋も借りる事ができます

兄は1日、部屋に泊まりました

外泊をするのはなかなか難しくて
でも、少しの間の外出ならできるかな?と思ってて
兄の滞在中がチャンスかなーと企んでたけど
それもどうしても本人の気持ちが向かなくてねー

自分の気持ちに身体がついていかなくて
そのうち気持ちも負けてしまう・・って感じです

兄が泊まる日はあたしは休息をもらって
お見舞いをお休みしたんだけど
あたしの話ばっかりで
あたしに会いたがってたって。
ほとんど毎日顔見せてるんだけどねー

なので週末はあたしが泊まることにした

行く時間も遅くなってしまったから
そんなにしないうちに寝る時間だった

夕ご飯を食べたら痛み止めの薬を飲んで
眠る前には眠剤を飲んで寝ます

それでも眠りは浅く
便秘気味もあって何度かトイレに目覚め
他にも汗でびっしょりになって着替えたり
酸欠気味で酸素入れたりとか・・

優しい看護師さんたちは入れ替わりでお世話してくれます
もちろんお仕事なんだろうけど
毎度毎度頭が下がります

母は気分にムラがあって
体調の思わしくない時など看護師さんにキツく当たってしまう
タチの悪い患者ですww
病気だから仕方ないとはいえ・・申し訳なくて困っちゃう時があるよ

そんな感じなので
寝たのか寝ないのかわからない夜だったわ

でも目が覚めた時に息子や娘が目の前にいるのは
きっと心強く嬉しかっただろうね

昨日は兄が帰るのに
空港まで送るため
あたしもそのまま帰ってきたけど
いっぺんに帰っちゃうから寂しさも増して
いつもより更に泣いてたよ

今日はどうしてるかなー


兄も後ろ髪を引かれながら帰っていきました
「食べたいって言ったモノあったら食べさせてあげて」って
ちょびっとだけど←お小遣い置いてった
ありがとう。感謝。

しかし、あいつも大人になったなww

あれ食べたい
これ食べたい
できるだけ叶えてあげたくてもってくけど
一口か、よくても二口くらいしか食べれません

今日は美味しい塩辛を買ってくよ
塩辛があると
なんとか少しご飯が食べられるんだ

夜中に着替えた時に見た母の体は
もう、骨と皮って感じでね
よく頑張ってるなーって思っちゃったよ

だからあたしは母の前では絶対泣かない。
頑張る

平日は難しいけど
また週末にはお泊りしようと思う


笑ってくれたら嬉しいからさ



いつも読んでくれてありがとう
楽しくない話につきあってくれてありがとう
力になってます


また書くね




Comments (4) Trackbacks (-) | 未分類

初夏です

入院1ヶ月と16日目

緩和ケア病棟に移って2週間ちょっとが過ぎました


結局、何度か外泊や外出を予定してはみてるのですが
実現できないでいます
週末から埼玉の兄が再び来てくれてて
日曜もチャンスだったんだけど
痛みが強くなり
とうとう痛み止めの注射を打つことに・・

痛みが引いてる少しの時間でもと思ったんだけど
本人がやはり首を縦に振りません
仕方ないけど残念です

一人の時間が長いと
辛く、寂しくなってしまうようで
できるだけ毎日顔を見せようとは思ってても
急遽チビのお迎えが入ったり
風邪で保育園お休みして娘と交互に仕事休んだり・・
休めば自分の仕事も溜まる
家の事も全部は放置できない

けっこうしんどいモードに入ってきてる~


だけどね、行くと嬉しそうだしさ(泣いてばっかりだけど)
少しでも食べたい物食べさせてあげたいし
ちょっとでも笑ってほしいし
いっぱい身体さすってあげたいし

何よりやっぱり一緒にいたい

「大変だから来なくていいよ」
「もう帰りなさい」

なんていうけど
帰るときは泣くの我慢しながら手を振るの
子供みたいな84歳


あたしは元気に
「また来るからねー」
って言って帰るんだけど・・・

小さく、細くなった母に後ろ髪を引かれて
どんだけ心細く不安なんだろうかと思うと
帰り道にはどうしても涙が滲んでくる


調子がいい時もけっこうあって
昔話やワイドショーの話に花が咲く
「渡部、何やってんだかね」って言った時は笑った。

そんな時は
これは何だかんだ言ってまだまだ長生きすんのか?って思ってしまう

あたしが着てるTシャツ(GUな)が気に入ったみたいだから
お揃いで買ったんだ
外出の時にお揃いで着れたら喜んでくれるかと思ってさ

喜んでたけど
「これ着てもう帰れないのかなー」って泣かせてしまった
ちょっと可哀想だったなぁ
サプライズで隠しておけばよかったなー

家族写真はとても喜んでくれて
ベットの横に飾ってたり
寝る時に枕元に置いてみたりしてるよ
まぁ、やっぱり泣いたけどww


悲しい事も現実で
でも溜まった公共料金や家賃や借金も現実で
それもちゃんと整理しなくちゃならない

ゴミ屋敷の実家も現実だし~
あたしの気持ちも上がったり下がったりよ

や、下がったり・・下がったりか?笑


社会に対応できないと思ってた父の方が
多分きっとたくましく生きていきそうよ

オシャレして歩いてお見舞いに行ったり
少しだけど料理したり
ヘルパーさんをお願いしてみたり
けっこう驚きの連続です
今週は補聴器が出来上がるから
そしたらもっと生活しやすくなるだろう。

これまたのんきで腹立つけどなww


くっその役にも立たないと思ってた兄だけど
やっぱり兄妹がいて良かったかもと思えてきた

あたしも歳とったなー


今日も行ってあげたいけど
兄がいるから今日は任せることにした

そんな日々を送ってます



うちの母さんさー
友達誰もいないの。
父のせいで友達も家族も親戚ともほぼ疎遠なんだよ
自分の母親のお葬式すら行けなかったんだ
だからこんなんなっても誰にも連絡するとこないさ
可愛そうだなーって思うけど
そういうの全部犠牲にしても父との生活を守りたかったんだよね

理解できないけど
そういう生き方もあるんだよね
だって、母の自分の人生だもんね



いつも読んでくれてありがとう

元気でやってまーす


また書くね



あ、初夏ですって書いたけど
昨日も今日もストーブつけましたwww

さむっ
Comments (2) Trackbacks (-) | 未分類

家族写真

入院1ヶ月と4日目

6月5日
緩和ケア病棟に移動

仕事を抜けて指定された時間に行くと
涙ながらに「行かない」とごねてる母がいました。
もう少し元気になったら帰れるんだから移る必要がない・・・と。。

まぁまぁ・・と、あの手この手で説得をして
なんとか無事に移動できました

コロナのためパンフレットだけ見て見学とかもしてなかったので
ちょっとドキドキ・・

エレベーターを上がり、フロアの扉を開くと
そこには、同じ病院の中とは思えない
別の空間がありました。
もちろんそういう病棟ですから
スタッフの皆さんはとても優しく
先生や担当の看護師さんとの面談も心穏やかにできました

なんだかんだ言ってた母も
前の病室では他の患者さんとトラブルもあったりしてたので
これからは一人。
明るくて綺麗な病室を気に入ったようでほっとしました


看護師さんとの面談では
「今日だけは少し切ない話をさせてください」と
申し訳なさそうに、これからの事
亡くなった後の事まで話しました
まだ生きているうちからそういう話をしなくちゃなりません
それが現実です

なにより
これからは面会が自由
24時間いつでも。
なんなら泊まることだってできちゃうのよ。

そこが一番良かったとこかな

仕事中だったので
少し落ち着いてから

「明日、迎えにくるね~~~」と職場に戻りました

翌日、今度は仕事を早退して
空港へ兄を迎えに行き
ランチをしながら母の様子や今後の話を少しして

さていざ!お迎え!!


母「帰らないから」

えーーーーーーーー!!!


やっぱり自信がないからやめるって
皆いるし心配ないよとか
またあの手この手で説得したんだけど
気持ちは固くて💦
結局外泊は無しになりました

今か今かと家で待ってる父が少し気の毒で
まずは帰って報告して
でもいまは面会は自由だけど行くかい?って聞いたら
ものすごいスピードで準備したわ(笑)

皆が揃ったら少し元気も出たんだけど
結局帰らなかったわ

病室で、ベットの上だけど
友達のアドバイス通り『家族写真』を撮りました
写真館も行ったことないし
多分あたしの記憶には4人で写した写真は無いんだよね
いい思い出できたよ。ありがとう

母が帰りたい帰りたいって言ってる意味は
”退院して帰りたい”って事なんだなーってハッキリわかったよ

気分の上がり下がりや体調の良し悪しがあっても
病状が今よりも良くなることは残念ながらありません
そりゃそうだよね
もう一切のがん治療はしてないのだから・・

だから帰れるなら1日でも早くって思ってた
兄も来てくれたし
舞台は整った!って思ってたんだけど

なかなかシナリオ通りにはいかないね~


日曜は娘たちとおチビを連れてった
少し元気そうだった

昨日は仕事の帰りにおチビを連れて寄ったけど
ご飯も食べれず・・って感じだった

週末は兄ちゃん連れて行こうかな
義母にはまだ話してないんだけど
そろそろ言わなきゃだめかなー。。面倒だな。

スマホで写した家族写真
プリントしたので、スタンドに入れて明日持っていこうと思う。

喜んでくれるといいな


Comments (8) Trackbacks (-) | 未分類

緩和ケア病棟

入院29日目

一昨日、病院から電話
母がどうしても帰りたいとごねてるらしく・・
試しに外出か外泊してみようか?という事になった

土曜日に1泊外泊する事に。

今日お昼休みに用事があって実家へ

「土曜日母さん帰ってくるよー
外泊許可出たよ。」と報告したら

少女漫画みたいに目を見開いて
黒目に星が3つくらい見えてたわww
(実際はあたしにそっくりで糸目です)←おい!あたしの顔知ってる人笑っただろ?

そしたらさっき病院から電話

えーーー、今帰るって報告したばっかだよ
きっと体調悪くてダメになったんだな
がっかりするだろうな・・

根がネガティブの塊な人なので
一瞬にして悪い方に考えちゃうタイプwww

電話の内容は
緩和ケア病棟に明日移動できることになったそう

・・・10数名待機患者さんいるって聞いたけど

・・・早いな・・・


って事で明日は病院に呼ばれました
明後日は早退して迎えに行く予定

実家に泊まるなんて
10年以上ぶりだな

兄も来るらしいので

え?家族水入らず何十年ぶりよ!!
つーーか寝るとこないぞ。こわっ!!


とにかく、ため込んでる公共料金とか
家賃とか・・
確認するの怖いこといっぱいあるんだけど
大事な事なのでね、やんわり問い詰めようと思ってます
(ホントハハラワタニエクリカエッテマス)

毎日

悲しいのと腹立つの繰り返しよ。


じゃぁ、また書くね



Comments (4) Trackbacks (-) | 未分類