FC2ブログ
TOP ≫ CATEGORY ≫ kazaのひび♪
CATEGORY ≫ kazaのひび♪
       次ページ ≫

思い出

入院16日目

緩和ケア病棟へ移動の申し込みをしました

パンフレットを見ている限りだと
安心してお任せできそうです
昨日は相談員の方からも電話連絡があり
いくつかの質疑応答をしました

これなら一日も早く移れるといいなと思ったんですけど
まだ10名以上の患者さんが待機しているそうです
なのでまだしばらくかかりそうかな
逆に、すぐすぐどうにかなるって事はないんだとホッともしてます

早く父と会わせてあげたいんだけどね・・


仕事の手が空いた時(最近暇なので)とか
ふっと一段落した時とか
急に母を想って泣きそうになります

だけど、残念なことに
あんまり母との楽しい思い出って思い出せないのよ
悲しかったとか寂しかったとかそんな事ばっか・・

少し、昔話書くね

あたしが小さい頃(多分2.3歳とか)から
母は働く母でした
職業は水商売
昭和の時代のキャバレーで働いていました
今でいうクラブですね
一番”蜜”と言われている接待を伴う飲食業
当時は父はタクシー運転手とか少しは働いてたけど
ギャンブラーだったのでいつも借金に追われて貧乏生活よ
記憶にはほぼ無いけどあたしと兄は近所の人に預けられてたりしたの
時代だよね。今じゃそんなのできないよね

そしてだいたい家賃が払えなくて追い出されるか
父が大家さんとトラブルかどちらかで引越
市内オンボロアパートをいくつか転々としたわ

友達もいなくて兄といつも二人
とにかく兄が弱虫でいつも泣いてたので
あたしは自然と手がかからない子になったみたい
そのままほとんど保育施設にも行かずに小学校へ上がります

小学校はあまり良い思い出がないの
給食費も払えなくていつも呼び出されるし
新学期に用意しなきゃならないものは大抵まともに用意できなかった
しかも必ず兄が優先であたしばっかり恥ずかしい思いをするのよ
兄はメンタルが弱いから
「ごめんね、我慢してね」と母が言うのだ
あたしは母が好きだからいい子を貫き
褒められたくて褒められたくてずーっといい子だったな
自分で言うのもなんだけど、けなげだなww

ある日、仲良しだと思ってた友達二人が急によそよそしくなったんだ

二人とも後から思うといいとこのお嬢さんでね
その子のお母さんが言ったんだって
「あの子のお母さんは男の人にお酒を飲ませてお金もらってるんだから、仲良くしちゃダメ」って。

すごく悲しかった
友達が居なくなることよりも
母を悪く言われた事が子供心にひどく傷ついたんだよね
母には言えなかったもん

母は朝も起きてくれなかったし
ご飯もまともに作ってくれなくて
夕方前には髪結いをしてお客さんと同伴で出勤よ。
いつもスーパーで買ったコロッケとか食べてた
コロッケが自分で作れるなんて知った時は驚いたわ(笑)

参観日なんて来た事なかったけど
いつだか親子遠足に来てくれた時、嬉しかったって事だけ覚えてる


そんな暗くておとなしい小学生活に

ちょっとした転機が訪れます・・・



つづく←




父には話しました

退院は難しい事。
治療ができない事。
でも、もう少ししたら会えるかも・・な事。
ご飯が食べれるようになったら外泊できるかも・・な事。

なんせ耳が遠いから
暗く悲しい話もひとみ婆さんに話してるみたいでまるでコントww
逆にしんみりしなくて良かったけどね

うっすら瞼のまわりを赤くしながら
どこまで理解できてるかわからんけど
うんうん頷いて聞いてたわ

暫くは時々のぞきつつ
週末は洗濯掃除・・その他もろもろって感じかな


自粛の次はそんな感じです


でもけっこう元気でーす

書いてから日にち経っちゃったけど
あげとくね


ではまた。

その後の経過

入院12日目

昨日、初めて母の顔を見る事ができました

病院から呼び出しがあり
癌細胞の診断結果と
その後の治療方針、経過などを聞くために行ってきました

入院後は担当医とはじめて会った事になります

あまり良い話ではないし
正直、自分の気持ちを整理するために書いてます
書くと少し落ち着くので・・
なので読んで嫌な気持ちになる人もいると思います
そういう方は ここでそっと閉じてくださいね




放射線治療は始まっていて
当初は10回の照射が終わるまでの入院という話でした
それでも年齢や癌の大きさを見ると
この先の事はどうなるのかなーって思ってました

結果です

放射線治療は圧迫骨折している腰椎部分
元々は肺癌からの骨へ転移したものと思われる
治療は順調で、照射もあと数回で終わりです

しかし、肺癌の細胞診断の結果は良くなくて
悪性の中でも厄介なモノ
非常に進行が早く手術はできなくて
抗がん剤の治療をする体力が戻る可能性は難しいとの事
今の母のは痛みと闘っているけど
食事も摂れない状況で、どんどん衰弱してる感じです


緩和病棟への移動(同じ院内)を勧められました
空き次第移る予定です

そういうことです

後は察してください


初めは先生と二人で話して
今後急な事があった時の延命治療の事なども話しました
一度くらい自宅に帰れる可能性はあるのかを尋ねました
食事が摂れるようになれば可能性はあるそうです
なんとか頑張ってほしいなぁ・・

母には全ては話さず
暫くは家には帰れない事と緩和病棟へ移ることは話しました
頑張ったらすぐ帰れると思ってたから可哀想でした

昨日はあたしもちょっと動揺してて
父にどう話していいかわからなくて
寄らずに自宅に帰っちゃいました
病院からもらったパンフレットや書類を
丸ごと待合の椅子に忘れてきちゃったらしい💦

埼玉の兄には連絡しました
今のうちに会っておいた方がいいと伝えたよ

今日も手続きの関係で病院行くので
帰りに寄ってこようかと思ってます
母の帰りが今日か明日かと待っている父には酷な話だよね
参ったなー


悲しさと寂しさと母が可哀想な気持ちが半分
これからの父の事への不安が半分


正直なかなか整理がつかないわ


今日ネットで緩和病棟を少し検索しました

一番初めに

「平均滞在日数」というのが出てきました


あくまでも平均だけど
約1か月という結果でした

色々なケースがあるさ

ねぇ、そうでしょう?


昨日からずーーーーっと
長い夢を見てる感じです


仕事すれよ。

誰か突っ込んでください



読んでくれてありがとう


また書くよ。読んでね



あれ?思ったのと違う・・


入院5日目

相変わらず母の顔は見れてません。
一度だけ電話で話したけど
用件だけで、他はあまり話せませんでした

もちろん、用件は父の事でしたけどw

放射線治療が始まってるらしいけど
先生からの呼び出しはまだ来ないので
何もわからないままです


父の所へ行ってきました

1日おきに3回行きました


結論から言うと

思ったより元気


そして

なんだかのびのびしてるw

買い物は少ししたけど
遠くて行けないドラッグストアでの物とかね

食料品は
何も要らん何も要らんって言ってた割には
母が腰を痛めてからお願いしている
”移動スーパー”が来てくれていて
自分で色々買ってたわ

やっぱ娘には頼みずらいのもあるし
自分で見て選びたかったのかもね

初日なんか冷蔵庫に残ってた魚焼いて食べてたし
茶碗も洗ってあるし
ちゃんとお風呂も沸かして入ってたし
洗濯はあたしがしたけど
放っておいたらそれも自分でやったんじゃないかな?って思う

ゴミもきちんと分別してたし
生ごみは臭ったら嫌だから持って帰って来たけどね

当たり前の事じゃんそれくらい・・・って思うでしょ?

その当たり前を今までなーーーーーーーんもしなかった人だから
あたしにしちゃびっくりよ

昨日なんて仕事早退までして行ったのに

いないじゃーーーーーーーーん

どこに行ったかはわからないままだけど
多分どっかに遊びに行ったんだな
コロナがなければおしっこ袋ぶら下げてちょいちょい出かけてたらしいから
(昔はギャンブラーよ)
最近はボランティアで囲碁を教えたりしてたって

それにしてもどこいってたんだか・・
ちゃんとマスクしてったべな・・

まぁでも、今日は病院の診察も行ってるはずだし
ケアマネさんからも連絡来てないから心配いらないと思うわ
耳は遠いけど頭はまだしっかりしてるから

あたしも同じって娘たちに言われるんだけど
うちの母さんも
「あたしが居ないと何もできない」とか
「あたしが居ないと困るのよ」って何でもやっちゃうのね
多分それが生きがいみたいな人だからwww

案外居なくても皆なんでもできるよね
笑うー

少しくらい困っても、解決できるよね
大人なんだから

あれもしなくちゃ
これもしなくちゃ
あれもこれもあたしがやらないとならんのよ

ってなってるそこのあなた!

大丈夫
あなたがいなくても
案外困らないものです
たまには放置しちゃいましょう


。。。って

そうは言っても
やっちゃう性分はなかなか治らんよね(笑)


そんな感じなので
あたしもあんまり力入れないで見守るわ


話変わるけど
マスクの価格が急に下がってきたね
そのうちチャイナ産のバッタもんは投げ売りだと思うよ
仕事暇だからさ
ネット眺めてけっこう安く買えたよ
そして普通に売ってるのも時々見かけるようになってきたよ
国産はまだ高いけど
アベノマスクが届かないうちに
定価で買えるようになるんじゃ・・・w


文春とか(事実ならばおこ)

トニトニとか

色々書きたいけどこの辺で

TVつまらんね
今はハケンの品格(再放送)が一番かな



ではではまたね





入院

ゴールデンウィークも終わりましたね
自粛自粛でなかなかのストレスです・・
自宅→スーパー→実家→自宅

あたしはそんな連休でした


さて、母ですが

検査の結果を聞く前に
体調が思わしくなくて、昨日入院になりました
痛みが強くて耐えられなかったようです

訪問看護のお世話になっていて、そのまま入院になったので
後から呼ばれて病院に行ったのですが
コロナの感染予防で面会は一切許されず
母の顔は見れてないままです

前日にも行って掃除をしたりしてました・・
って言っても、俗にいうゴミ屋敷みたいな住まいなのよ
どっから手を付けたらいいやら💦
ミニマリストの爪の垢・・どこで売ってますかね?


で、ご飯を炊いて冷凍したりしてきたんだけどねー

母が入院するって言ったら父は泣いてたらしいわ
ケアマネさんも言ってたけど
比較的、男は弱いってさ・・
だよねー

しょうがないから後で行ってくるよ。
耳が遠くてほとんど会話にならないし
補聴器も嫌がって付けてないからさー
何かあっても電話も出られないし、かけられないんよ
困ったもんだ


母は早速放射線治療が始まるそうですが
詳しくはまた病院からの連絡待ちです
痛みが治まったらまた父の事だけ心配するんだべな


自分の仕事が暇な時でよかったけど
今後の事は色々考えていかなきゃならん

まぁ・・
なるようになるしかないんだけど

とりあえずやってみるねー





おチビ、3歳になりました♡

すくすくすくすく育ってます。
最近は一日に100回以上は「なんでー?」を連呼しています
トイレが嫌すぎて便秘になっちゃって大変よ
毎回排便時はお産並みなの(-_-;)


足漕ぎでチャリデビューしたよ
なかなかいっちょ前だった

2020050813361568e.jpeg

相変わらず壮大な景色の自宅前w
今年も田んぼに水が入りました


連休、娘らとお菓子作り
「毎年エクレアとか作ってたよね~」なんて言いながら(笑)

初マカロン
20200508133613b24.jpeg

マジすげー(娘たちがほぼ作った)
母は口だけ出した

味も美味かったわ♡
本当はブルーでクッキーモンスターが出来上がるはずだったんだけど
食紅の量、ビビリすぎたwww
こういう時間があると
ステイホームも悪くないけどね


んじゃぁ、また書く

検査は続く・・

4月も最終週に入ったというのに
こっちは連日寒い・・
未だに雪がちらついたりしています

さてその後

まずは先日の誕生日に
ケーキを買って、おチビを連れて
母の所に行ってきました

8と4のキャンドルに火を灯し
おチビと手拍子MAXでハッピーバースデートゥーユー歌ってきました

はい。もちろん
秒で泣いてましたよww


検査の日々が続いています

昨日、病院に呼ばれていたので行ってきました。


圧迫骨折で歩くのも大変なので院内は車いす移動
義父や義母の通院でも何度も車いすを押したはずなのに
その時とはまったく違う
なんとも言えない気持ちがこみあげてきました

たったそれだけの事なのに。



呼吸器科の担当医はとても穏やかそうな
あたしの好きな感じの先生でホッとしました
威圧的だったり
質問をかぶせ気味に返答するような
事務的な感じの・・

そういう先生はやはり苦手です


先日のMRIの結果を画像を見ながら説明

肺に腫瘍があり
その他あちこちに(小さいけどかなりの数)転移してるみたいでした
すぐに入院かと思いきや
今週、内視鏡にて細胞を検査するそうです
ほぼほぼ悪性だと言われています

自分の想像を超えていたみたいで
母はその場で泣いてしまいました
でも先生は優しかった。

ありがたい。

娘のあたしは、その場では何も言ってあげられなかったから


連休が明けてから再度呼ばれているので
今後の治療方針とかが判明するかと思います

高齢であるので
治療と言っても限られてしまうとは思うけど。

母の心配は自分の事ではなく
あたしに迷惑かけるとか・・でもなく

自分が動けなくなった時の父の心配。

ただそれだけです

入院すると聞いただけで
そっからずっと体調悪いらしくて

まーーーーーほんとに・・疲れるわ。


救いは担当してくれているケアマネージャーさん

仕事だとはいえ本当に良くしてもらってます


本来ならもっとあたしがちゃんとやらなきゃいけないんだろうけど
母も、あたしより色々言いやすいみたいで助かってる


とりあえず連休は時々様子を見に行きながらゆっくり過ごします
このご時世、どうせどこにも行けないしね



高齢者の癌の進行はそんなに早くないはず



漠然と・・ただそう信じて

この先色々考えて行こうと思う



また報告します


楽しいエントリーも上げるので
また寄ってってみてね


ではでは